クイックレスポンスヒーターシステム

クイックレスポンスヒーターシステム

淺野研究所の成形機の特徴の一つである中赤外線クイックレスポンスヒーターは真空、圧空成形機で熱可塑性プラスチックシートを加熱するための自社開発したヒーターシステムです(特許取得済)。

1.高応答
例えばセラミックヒーターが500℃まで昇溫するのに10分必要なのに比べて、クイックレスポンスヒーターは10秒で昇溫できます。このように、セラミックヒーターに比べて約60倍の昇溫応答性を持つため、昇溫時間が短く使用時以外はヒーターOFFすることで省電力を可能にします。クイックレスポンスヒーターを搭載した機種のうちFCS、FCSPではロッドヒーターやセラミックヒーターを搭載する従來機と比較して省エネ50%の実績があります。
2.シート溫度制御
ヒーター部の放射溫度計で加熱中のシート溫度を測定して、ヒーター溫度制御にフィードバックすることによりシート溫度を安定させることができます。また高応答性能との組み合わせで、シート溫度に合わせてヒーターの溫度を徐々に変化させる「シート保溫制御」が可能となりシート表面の過加熱を防ぎながらシート內部を加熱することができます。
3.シート加熱に最適なヒーター溫度分布(1個毎出力コントロール)
クイックレスポンスヒーターシステムはヒーター1個毎に出力を調整することができます。そのため、ヒーター毎の出力パターンを変えることで、シートの溫度分布を意図的に変化させ、製品形狀にあった加熱狀態にすることが可能です。

ヒーター外観

コントロールシステム概略

均一加熱

マスキング加熱(意図的な溫度分布)

圧空?真空成形以外への御提案例

  • 炭素繊維強化複合材料(炭素繊維強化プラスチック/CFRP)の予備加熱
  • 発泡シート成形用アニール爐
  • 光學系シート成形用アニール裝置
  • 塗裝乾燥爐
  • 真空環境下での使用

セラミックヒーターからクイックレスポンスヒーターへの交換改造の御提案

  • 型替時や休憩時にもヒーターを點火したままのセラミックヒーター。応答性に優れたクイックレスポンスヒーターは型替時や休憩時にもヒーター電源がOFFできるため、電気料金の大幅な削減となります。
  • 現在で使用中のセラミックヒーターを、クイックレスポンスヒーターシステムに交換改造することで加熱サイクルが短くなり、生産性が向上します。
  • 國內?海外で交換改造実績があり、その効果について非常に評価されています。

ページトップへ

  • 機種選択フロー
  • ASANOの技術力
91福利社